入試情報 よくある質問

AO入試の面談対話型と自己推薦型の違いを教えてください。
面談対話型はAO登録(出願資格)をするかどうかの選考面談(約15分)を2回実施します。自己推薦型は約15分間の面接と自己推薦書を基に直接合否を判定します。選考基準はほぼ同じです。当初よりAO入試受験を検討しているのでしたら面談対話型でじっくり話し合いながら進路を決定しましょう。面談対話型のAOエントリーに間に合わなかった方は、一発勝負になりますが自己推薦型にトライしてみてください。
AO入試ではどんなことを聞かれるのですか?
高校での学業成績ではなく、これまでのあなた自身の活躍や、努力したこと、学習面のことなどを自己アピールしてください。その上で、将来への希望や夢も語ってもらいます。その夢や希望を実現するための覚悟を堂々と語ってもらえれば、本学がその夢の実現にむけて手助けできるかどうかを判断できますので、きっと良い結果がでると思います。
推薦入試にも奨学生制度があると聞いたんですが・・。
推薦入試の受験者で、優秀と選抜された学生に対して、授業料相当額の20%を奨学金として給付(減免)します。入学願書の推薦入試奨学生制度適用申請欄に○印を付けて出願してください。
特別奨学生入試について教えてください。
学業成績、人物ともに優秀で健康な学生を募集し、授業料の50%を減免します。なお、特別奨学生としての基準に満たない場合でも、一般入試合格者としての選考も併せて行います。一般入試の受験を予定されている方はこの特別奨学生入試を受験されることをお薦めします。
推薦入試で合格しても特別奨学生入試を受けられますか?
もちろん受験できます。一度受験料を納めていただければ、受験料不要で何度でも受験できますので、AO・推薦入試等での合格者もその適用をうけます。願書は再度提出していただく必要はありますが、ぜひ特別奨学生入試にチャレンジしてください。
同窓生特約について教えてください。
あなたの家族に江南短大の卒業生や在校生(社会人学生、同時入学一方の兄弟・姉妹含む)がいる場合に申請できます。すべての入学試験区分の受験者が対象で、試験の合格者にはこの特約が反映され、入学金が半額になる特典があります。
※注) 事後申請はできません。
一般入試について教えてください。
一般入試は2教科・2科目(国語・英語)です。成績優秀者は奨学生として選抜され、授業料が20%減免されます。
特技・資格などは配慮されますか?
本学アドミッションポリシーにもあるように、入試選考では配慮されますし、入学後もそうした特技・資格を活かした適性をさらに極め将来に役立つような応援は惜しみません。