ワクチン接種に伴う授業の欠席について

令和3年7月21日

学生のみなさんへ

 

愛知江南短期大学
学長 伊 藤 由 香

 

新型コロナウイルスに係るワクチン接種に伴う授業欠席の取り扱いについて

 

 現在、新型コロナウイルスに係るワクチン(以下、「ワクチン」という。)の接種が、各自治体を中心に順次行われており、今後、学生のみなさんにもワクチンの接種が行われる予定です。
 ついては、新型コロナウイルス対策としてのワクチン接種の重要性と有効性を考慮し、自らの判断でワクチン接種を受ける際の授業欠席は、下記のとおり取り扱うことにします。

 


対象(第1回・2回)

手続

欠席の取り扱い

ワクチン接種日に欠席する場合

学生は、事前にワクチン接種日等が記載された書類のコピーを添えて、「新型コロナワクチン接種による欠席届(新様式)」を、欠席する科目担当教員へ直接提出すること。
欠席届は、学務課教務係にあります。


公欠とする

ワクチン接種後の副反応と思われる症状(発熱、頭痛等)で欠席する場合

学生は、次回登校時にワクチン接種日等が記載された書類のコピーを添えて、従来の「欠席届」を欠席した科目担当教員へ直接提出すること。


欠席とするが、期末試験の受験資格等に係る場合は考慮されることがある

 

※ワクチン接種に係る欠席届は、接種時間及び移動時間を考慮して届け出てください。
※ワクチン接種の副反応として、人により発熱・頭痛等の症状が2日間ほど続くことがあります。
※発熱・頭痛等の症状が3日間以上続く場合は感染の疑いもあるので、医師に相談してください。