こども健康学科 栄養専攻

学びのポイント

学びのポイント1

ヘルシーでおいしい給食が提供できる栄養士の養成

保育園・幼稚園、各施設などで、ヘルシーでおいしい給食を提供できる実力を持ち、さらに栄養指導・食育ができる栄養士をめざします。

学びのポイント2

こどもの食育に重点を置いたカリキュラム

こどもたちと直接触れ合い、食育を展開します。また、こどもの発達心理についても学び、保育のわかる栄養士を育てます。

何を学ぶ?

食を通して健康づくりに貢献できる実践的な知識と技術を修得

本専攻では、こどもを始め、幅広い世代の健康な食生活に貢献できるよう、食について学びます。栄養学や食品衛生学、給食管理などの知識に基づいてヘルシーでおいしい給食を作ることができ、『みんなを笑顔にできる栄養士』を目指します。

どう学ぶ?

実践力・応用力を伸ばす、現場を意識したカリキュラムを展開

栄養士が活躍するさまざまな現場で、専門的な知識や技能を生かして活躍できる実践力、応用力を持った栄養士を育てます。現場を意識した体験型実習を学内で行い、校外実習へ向けてステップアップします。

食と健康のスペシャリストを目指して!

取得を目指す資格

栄養士

卒業と同時に取得できます
栄養士の仕事は、人々に食事や栄養の面から、より豊かな食生活が送れるよう支援すること。厚生労働大臣指定の本学栄養専攻を卒業後、各都道府県に申請することで取得できます。さらに3年以上の実務経験があれば、管理栄養士の国家試験に挑戦できます。

資格紹介はこちら

フードスペシャリスト

本学の指定科目を習得し、認定試験に合格すれば取得できます
資格取得者は、流通や販売、消費などの分野において、食品の品質判別や情報提供、コーディネートなど、供給者と消費者の間に立った食品の専門職として活躍できます。

資格紹介はこちら