こども健康学科 保育専攻 学生の声

『 こどもが自然とまわりにたくさんいる保育者 』を目指しています

髙島 巳貴

(愛知県立尾北高等学校卒)

江南短大は、とにかく先生と学生が仲良し。そして先生はいつも親身に話を聞いてくれます。短大の授業は、「こどものこころ」を理解する難しさ、そして理解できた時の嬉しさを教えてくれます。とても楽しいし、実習に行ったときに「あ!あの時習ったことだ!」と実感できます。こどもとたくさん歌が歌いたくてピアノも頑張っています。こどもたちに「先生といつも一緒にいたいな」と思われるような保育者になりたいと思っています

『 引き出しをたくさん持った先生になりたい 』

清水 結

(誠信高等学校卒)

学業だけでなく、バイトも両立しながら学びたいと思い、長期履修(3年)への進学を決めました。先生と学生の距離の近いアットホームな雰囲気が気に入っています。授業では、実技だけでなく理論もわかりやすく、ケースを取り上げリアルな現場を知ることができます。午後の時間は、保育園や子育て支援センターでのボランティアを通して、短大で学んだ実技や理論を実践しています。