こども健康学科 保育専攻(長期履修)

学びのポイント

学びのポイント1

働きながら学べるようなカリキュラム

午前中の半日のみ授業で3年間で卒業でき、幼児教育・保育を学ぶことができます。

学びのポイント2

午後、保育園で「学び」と「実践」を結びつける。

午後の時間、長期履修の学生は、本学保育園・子育て支援センターでのボランティア等で、学校での理論的な勉強と、保育園等での実践を結びつけることができます。

何を学ぶ?

専門的な知識・技術と保育者の心構えを学ぶ

こどもとともに学び、成長できる心豊かな保育者になることをめざして専門的な知識や技術を習得し、実習を積み重ねて生きた知識を身につけます。また児童を取り巻くさまざまな問題に保育者として幅広く取り組んでいく姿勢を学びます。

どう学ぶ?

幼児教育と地域の保育・子育て支援を学ぶ事が可能です

少人数制のメリットを生かし、教員や先輩たちが勉学だけでなく生活上の相談にのるなど、人間味あふれる雰囲気が特徴です。ピアノなどレベルに合わせたきめ細やかな指導が徹底されています。

卒業と同時に幼稚園教諭2種免許と保育士資格を取得

取得を目指す資格

幼稚園教諭2種免許

3歳から小学校就学前までの幼児を対象にした教育機関である幼稚園に、教諭として勤務するために必要な免許。所定科目の単位を修得することで得られます。

資格紹介はこちら

保育士資格

乳児から小学校就学までの幼児を対象に保育を行う機関である保育所の職員に必要な資格。児童福祉施設(乳児院・児童養護施設・障害児施設など)で働く職員の資格にもなります。

資格紹介はこちら

レクリエーション
インストラクター

(公財)日本レクリエーション協会が公認する資格。所定のレクリエ-ション科目修得後、日本レクリエ-ション協会に申請することで指導員資格を取得できます。

資格紹介はこちら

必要な実習

資格取得に必要な実習を3年間で5回行います。子どもとの関わりを通して子どもたち1人ひとりの心を大切にする保育者を養成するために、実習の質を重視し、きめ細かい事前・事後指導を行っています。

付属幼稚園
見学実習
1年次の春・秋
幼稚園実習 2年次に1週間 (付属幼稚園)
保育所実習 2年次に2週間
児童福祉施設実習 2年次に5日
~10日
保育所実習又は児童福祉施設実習 3年次に2週間
幼稚園実習 3年次に3週間