こども健康学科 保育専攻(長期履修) カリキュラム

ピックアップ授業

基礎的な知識を学ぶ

児童家庭福祉

今日の子どもを取り巻く社会状況を確認しながら、時代を担う子どもが社会の中でどのように大切にされてきたか、国・地方・公共団体などがどのような役割を負い、また課題に直面しているかを学びます

子どもの食と栄養

こどもにふさわしい食事、作り方、アレルギー問題などについて、栄養専攻の専門の先生から直接学ぶことができます。調理実習を行ったり、グループで食について発表したりと実践的な内容を通して学びます

保育者論

保育職の意義と保育者の役割、職務内容について学習します。子どもとの共感関係をベースにした保育、子どもの活動要求を高めるための保育者の関わり方を学びます。

実践的な技術を学ぶ

子どもと文化

「人形劇団むすび座」の劇団員から、「人形劇」や「絵本よみ」などの実技を学びます。人形劇は、手袋人形作成を始め、脚本作りから演技指導まで、本格的なプロの実技を習得することができます

保育内容・音楽表現

こどもたちが自ら楽しんで親しめるような音楽の表現方法や理論を学びます。授業では、学生が保育者とこどもの両方をロールプレイしながら、実習前に実践的なピアノ技術やリトミックなどを学びます。

幼児教育の現場を学ぶ

保育・教育実習指導

教育実習の意義、目的、内容について学びます。実習を行う前には付属幼稚園の見学を行い、事前の準備の仕方、園訪問についての留意点の説明会を設け、実習後には反省会なども行い、実習の成果を学び合います。

現代幼児演習

「基礎セミナー」で学んだ事柄を基に、日本語の読み書き能力を向上させ、自らの考えをまとめ話す力、他人の話を要点よく聞く力を身に付けます。また保育・幼児教育をめぐる諸問題について、積極的に討論に交わり多様な見方を知ると同時に、保育者としての人間性を育みます。

保育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

講義等で得た知識や技術を実習によって深め、保育者としての使命感や力量を高める実践の場です。園児や入所者の生活・行動あるいは実際の保育、保育者の役割や職務内容をより深く、具体的に学びます。

トピックスカレンダー

年に2回の語学研修で海外へ

夏はカナダのセルカーク大学で、冬はマリアナ諸島ミクロネシア連邦のミクロミシア短期大学で語学研修をすることが出来ます。

現地の大学や短期大学の授業を受け、英語の力を見につけるだけでなく、ホームステイや観光などを通して国際感覚を磨くことができます。