附属図書館 利用案内

概要

図書館は、自ら学び、知ることを求める人たちのためにあります。図書館を活用することで学生生活を大いに充実させてください。現在の蔵書数は、和書・洋書を含め 64,000 余冊で、この他に学術雑誌やビデオなどの視聴覚資料が揃っています。
図書館では新入生を対象に図書館の基本的な使い方や文献の調べ方などについて、学科クラスごとにわかりやすいガイダンスを行うなど、学生に対するきめ細かいサービスを行っています 。

資料内容

図書 映画 その他
約64,000冊 (内、洋書6,400冊) 600タイトル以上 DVD、LD、VHSで鑑賞できます。
6人用席、2人用席でのグループ鑑賞もできます。
CD、カセットテープ

利用時のマナー

館内では飲食・携帯電話は禁止です。静かで落ちついた空間にするように心がけましょう。本や雑誌などの資料はあなたを含めたすべての利用者のために用意されたものです。ていねいに扱いましょう。

ブラウジングルーム

旅行雑誌やファッション誌、情報誌などの軽雑誌や新聞が置いてあります。勉強で疲れた頭をリフレッシュさせて下さい 。

AVルームの利用

DVDなどを鑑賞するときは、リストから映画などを選んで、所定の用紙に記入しカウンターに申し込んでください。図書館の所蔵資料以外の利用はできません。(ソフトの個人持込はできません。)
1週間前から予約できます。