保育食育センター 概要

本学では、保育者(保育士・幼稚園教諭)と栄養士の教育研究のために実践研究の場として、『付属幼稚園』と給食施設をもつ『保育園(江南市指定管理園)』を有しています。平成25年10月、本学のコアコンピタンスである保育と食育における教育スキルを地域に還元し、またそれらの理論と実践についての研究を本学教員、地域の保育者(保育士・幼稚園教諭)、栄養士及び保育・食育に関心を持たれている方々と共に行い、その成果を本学の教育の諸活動に反映させるとともに、地域の子育て支援の発展に寄与することを目的として「保育・食育支援研究センター」を設置しました。さらに、地域の子育て支援を推進するため、「保育・食育支援研究センター」内に、平成27年1月、「子育て支援センター」を開所いたします。当該センターは、江南市の第3の子育て支援センターとして委託運営するものです。本学は、地域の子育て支援の拠点大学として、地域社会に貢献いたします。
また、本研究センターと併設されている「オープンカレッジ」では、江南市を始め周辺住民の方々に広く学習の場を提供し、地域における生涯学習の進展と学術文化の向上に寄与すべく、公開授業、講座・講習、公開講座を実施しています。